Udemy

Platform

日本語

Language

Other

Category

リモートワークの生産性をグングン上げるアウトライナー仕事術

5つのビジネスシーン(メール/チャット返信・手順書・要約・問題解決・ストレス管理)で使えるアウトライナー活用法をご紹介します。テキストベースのやりとりに自信をつけて周りとうまくやっていきたいあなたへ。テレワーク時代の必修科目です。

4.50 (19 reviews)

Students

2.5 hours

Content

Nov 2020

Last Update
Regular Price

EXCLUSIVE SKILLSHARE OFFER
Exclusive  SkillShare  Offer
Unlimited access to 30 000 Premium SkillShare courses
30-DAY FREE TRIAL

What you will learn

アウトライナーを使って内容の全体像をつかみ、その上でそれに対する自分の考えをアウトプットする方法

複数の小さなメモを集めて整理し、相手または未来の自分に伝わりやすい形でまとめる方法

問題や課題を分解し、深堀りすることで解決のヒントを探る方法

自分一人でイライラやモヤモヤなどの感情を整理し、解消する方法


Description

「もっと仕事を効率よく進めたい」「業界・業種を問わずどこでも活用できるビジネススキルを身に着けて仕事ができる人になりたい」

そんなあなたのための講座がここにあります!

本講座の学習内容

この講座ではビジネスでよく使う5つの場面を用意し、入力→整理→出力の3ステップを通じて文字で入ってきたものを理解し、自分の考えをアウトプットする方法を学習します。

【ビジネスでよくある5つの場面】

①返信文を書く
②仕事の段取りをつける
③議事録を書く
④問題解決のヒントを得る
⑤ネガティブな感情を追い出す

これはどんな業界・業種でも活かせる一生モノのビジネススキルです。これを効率よく行う手段としてアウトライナーというメモツールを使用します。

テレワークの普及によって文字でやりとりするスキルの重要性が高まっています。そんな中、アウトライナーはこのような時代を生き抜くための「書く」ことと「考える」ことをサポートしてくれるツールです。

この講座ではアウトライナーをあなたの仕事の相棒にするための活用法を2時間半の動画にギュッとまとめました。

どんな仕事にも応用がきくテレワーク時代のビジネススキルをこの機会に学んでみませんか?

それでは講座の中でお会いできるのを楽しみにしています!


Screenshots

リモートワークの生産性をグングン上げるアウトライナー仕事術
リモートワークの生産性をグングン上げるアウトライナー仕事術
リモートワークの生産性をグングン上げるアウトライナー仕事術
リモートワークの生産性をグングン上げるアウトライナー仕事術

Content

使用するツール、アウトライナーについて理解する

文字コミュニケーションの重要性が高まっている

本講座で使用するアウトライナー「Dynalist」とは

Dynalistの会員登録方法

アウトライナー思考の3ステップ

Dynalistのエクスポート機能解説

Dynalistの便利なショートカット

Unindent items in-spaceの設定

[飛ばしてもOK] Udemyでの学習効率を上げる10の機能

①メールやビジネスチャットでの文字によるやりとり(返信文作成)

アウトライナーの力を借りて返信文をラクに作成しよう

入力 全文コピペで相手の発言をアウトライナーに入れる

整理1 返信文作成の流れ

整理2 相手のメッセージを理解する

整理3 自分のメッセージを考える

整理の際のポイント: 文章を1行にまとめる

出力 テキストエディタに移し、文面を整える

【実践動画】受信したメールに返信する

まとめ: アウトライナーに書き出すだけで、考える作業がラクになる

②手順書(ダンドリスト)を作成する

自分だけの手順リスト、ダンドリストを作ろう

入力 かかった時間とやったことを記録する

整理 未来の自分に対し、改善メモを残す

出力 リストを見つけやすくするための工夫をする

【実践動画】経費申請リストの実例

まとめ: ダンドリストにより、質の高いパフォーマンスを手に入れる

③ 内容を要約して人に伝える

現代人の必須スキル「要約」を身につける

入力 関連情報を1箇所に集める

整理1 グループ化して骨組みをつかむ

整理2  情報を入れる枠を選び、はめ込む

出力 エクスポートし、テキストエディタで整える

【実践動画】議事録作成の流れ

まとめ: 要約スキルは練習で伸ばすことができる

④問題や課題を分解し、解決の糸口を探る

ブレイクダウン(分解)を通じて問題を理解し、解決につなげる

入力1 問題や課題を書き出すメリットとは?

入力2 問題や課題を疑問文で書き出す

入力3 分からない時はブレイクダウンして深堀りする

整理1 メインとなるアイデアを文章の形で書き出す

整理2 アウトライン(概要)を作成する

出力 先にアウトラインだけ見せてフィードバックを得る

【実践動画】問題解決のためのブレイクダウン

まとめ: 解決への第一歩は、アウトライナーに入れて手を動かすこと

⑤ネガティブな感情(特にイライラ)を外に逃がす

誰にも迷惑をかけずにストレスコントロールをする方法を身につける

入力 感情のままに書きなぐって、怒りやモヤモヤを頭の外に出す

整理 一歩引いた視点で目の前の感情を整理する

出力 きれいさっぱり消す

【実践動画】イライラした感情を外に逃がす

まとめ: 感情コントロールも立派なビジネススキルのひとつ

さらにステップアップしたい方向けの耳寄り情報

受講生のみなさんからのよくある質問をまとめました

英語のUIに戸惑った時に見る解説ブログ

PowerPointをアウトライナーとして使う

Google Keepを使って効率よく入力する

参考になる書籍およびWebコンテンツの紹介

受講修了: 次は、あなたの手を動かす番です


Reviews

相馬啓亮4 December 2020

メールの返信、議事録要約、感情コントロールといったいろいろな場面に活用できるという点で、アウトライナーそのものというより(勿論使い方は学べましたが)、入力→整理→出力という一つのフレームワークを学べる講座と言えると思いました。

S
Shingo19 October 2020

まず、Dynalistという有用なサービスを知り得た事が良かった。スタンドアロンのアウトライナー(昔はアウトラインプロセッサと言っていたような?)は以前使っても定着しなかったが、クラウドサービスでかつブラウザ上で動くという事で使いやすい。受講し始めて直ぐに常にブラウザのタブの1つをDynalistにして活用し始めたほど。 以前はアウトライナーを文章作成にのみ使おうとしていたが、ダンドリストや感情の整理等、応用範囲が広い事も知り得る事ができた。 全体の時間がちょうどよく、また一つ一つのセクションも短めなので取っつきやすい。使い方を説明するだけではなく、実践してくれるのも理解に助かった。あと、講師の声質も聞きやすく、すんなりと入ってくる。 最後にはより深く知りたい人へWeb記事や書籍の紹介もあり、私もこれからそれらを読んでみようと思っている。


3360302

Udemy ID

7/24/2020

Course created date

10/16/2020

Course Indexed date
Bot
Course Submitted by

Twitter
Telegram