Udemy

Platform

日本語

Language

Accounting & Bookkeeping

Category

【超・初心者向け】いちばんわかりやすい簿記の基本

ビジネスパーソンに必要な「簿記」の知識・スキルを最速最短で学べる講座です。オーソドックスな簿記の型を身につければ、一生使える汎用性の高いスキルとなります。また、簿記がわかると、財務諸表(決算書)をより深く読み解き、分析できるようになります。

4.62 (17 reviews)

Students

4.5 hours

Content

Apr 2021

Last Update
Regular Price

EXCLUSIVE OFFER
Exclusive  Offer
Unlimited access to 30 000 Premium SkillShare courses
30-DAY FREE TRIAL

What you will learn

決算書が完成するまでの一連の流れ

仕訳と決算書(貸借対照表、損益計算書)の関係

代表的な仕訳パターン

決算整理仕訳のやり方

減価償却費の計算方法とその仕訳

貸倒引当金の計算方法とその仕訳

売上原価の金額を簿記上で確定させる方法

収益・費用の見越し・繰延べの方法


Description

  • 最低限の簿記の知識は持っておきたい。

  • 簿記の資格を取りたいわけではないが、ビジネスパーソンとして一定レベルは身につけたい。

  • 決算書がどのようなプロセスで作成されているのかを把握したい。

そんな方々のためのためのコースです。


簿記は、お金の出し入れや、在庫の状況、売上や利益などの結果を記録する手法であり、
会社の経営状況を表す「決算書」を作成するツールです。

「決算書」を作ってない会社がこの世に存在しないように、
「簿記」が不要な会社はこの世に存在しません。

すなわち、
簿記はどんな会社でも必要とされるスキルであり、
簿記の知識を持っている人はあらゆる業種・業界で重宝されます。


しかしながら、
簿記の資格を取るには、
資格試験特有の対策勉強や受験テクニックを覚えなければなりません。
そのためには、それなりの勉強時間を確保する必要があるでしょう。

もちろん、簿記の資格は無いよりあったほうが良いですが、
資格を取ることを目的にするのは本末転倒です。

実務で活かせなければ、資格を持っていても意味がありません。

実務で簿記を活用することが目的であれば、
受験対策勉強や受験テクニックは不要です。
ましてや、膨大な勉強時間も必要ありません。


本コースでは、
実務ではあまり目にしない取引や、簿記検定試験でしか出て来ないような内容を排除し、
簿記の本質的な内容や、実務で利用頻度の高いテーマに絞って学ぶことができます。

そのため、超初心者の方が最短距離で簿記の知識を身につけることができます。





Screenshots

【超・初心者向け】いちばんわかりやすい簿記の基本
【超・初心者向け】いちばんわかりやすい簿記の基本
【超・初心者向け】いちばんわかりやすい簿記の基本
【超・初心者向け】いちばんわかりやすい簿記の基本

Content

はじめに

当コースの目的

当コースの対象者

自己紹介

当コースの特徴

当コースの全体像

当コースのスライドはこちらからダウンロードできます

簿記の基礎

このセクションで学ぶこと

「会社の目的」と「簿記」の関係

簿記とは?

簿記と決算書の関係

決算書の役割

決算のルールと用語

簿記で扱う「取引」とは?

取引における原因と結果

仕訳とは?

簿記における5つのカテゴリー

仕訳の記載場所の考え方

仕訳例

仕訳のルール

取引を仕訳に置き換えてみよう(演習問題)

簿記一巡の手続き

このセクションで学ぶこと

簿記の流れ(決算書完成までの5ステップ)

【ステップ1】仕訳の作成

【ステップ2】 総勘定元帳への転記

【ステップ3】試算表の作成

【ステップ4】精算表の作成

【ステップ5】決算書の作成

代表的な仕訳パターン

このセクションで学ぶこと

主な勘定科目(資産)

主な勘定科目(負債、純資産)

主な勘定科目(収益)

主な勘定科目(費用)

掛け仕入

掛け販売

手付金の支払い

手付金の受け取り

お金の借り入れ

給与の支払い

経費の支払い

仕訳から決算書作成までやってみよう(演習問題)

このセクションで学ぶこと

取引⇒仕訳帳(1)

取引⇒仕訳帳(2)

仕訳帳⇒総勘定元帳

総勘定元帳⇒合計残高試算表

合計残高試算表⇒精算表

精算表⇒決算書(貸借対照表、損益計算書)

決算整理仕訳

このセクションで学ぶこと

決算手続きの必要性

簿記一巡の流れの中の位置づけ

4つの会計ルール

発生主義

実現主義

費用収益対応の原則

費用配分の原則

売上原価

このセクションで学ぶこと

売上原価とは?

売上原価の計算例

売上原価の決算整理仕訳

売上原価の演習問題

経過勘定

このセクションで学ぶこと

経過勘定とは?

費用の繰り延べ(前払費用)

費用の見越し(未払費用)

収益の繰り延べ(前受収益)

収益の見越し(未収収益)

経過勘定科目の翌期首の会計処理

再振替仕訳の必要性

経過勘定の演習問題

減価償却

このセクションで学ぶこと

固定資産と減価償却

減価償却費の計算例

減価償却方法

定額法の計算例

定率法の計算例

減価償却費の仕訳(直接法と間接法)

固定資産の除却

固定資産の売却

減価償却の演習問題

貸倒引当金

このセクションで学ぶこと

貸倒引当金とは?

貸倒引当金を設定するときの仕訳(1期目)

貸倒れが発生した場合(あらかじめ計上しておいた貸倒引当金より少ない場合)

貸倒れが発生した場合(あらかじめ計上しておいた貸倒引当金より多い場合)

貸倒引当金を設定するときの仕訳(2期目以降)パターン①

貸倒引当金を設定するときの仕訳(2期目以降)パターン②

貸倒引当金の演習問題

おわりに

ボーナスレクチャー


3956018

Udemy ID

4/3/2021

Course created date

4/18/2021

Course Indexed date
Bot
Course Submitted by

Twitter
Telegram