Udemy

Platform

日本語

Language

IT Certification

Category

AWS認定 DevOpsエンジニア – プロフェッショナル (DOP-C01) 模擬試験 (2021年試験対応版)

本番に非常に近い模擬試験です。資格取得に一気に近づきます。AWS DevOps Engineer Professional (SysOps AdministratorもしくはDeveloper Associate取得した方のステップアップ)

2.73 (48 reviews)

AWS認定 DevOpsエンジニア – プロフェッショナル (DOP-C01) 模擬試験 (2021年試験対応版)

Students

300 questions

Content

Nov 2020

Last Update
Regular Price

EXCLUSIVE OFFER
Exclusive  Offer
Unlimited access to 30 000 Premium SkillShare courses
30-DAY FREE TRIAL

What you will learn

AWS認定 DevOpsエンジニア – プロフェッショナル模擬試験

本番に非常に近い問題演習で、資格取得に一気に近づく

SysOpsAdministratorもしくはDeveloperAssociateのいずれかを保有する方のステップアップに


Description

AWS 認定 DevOps エンジニア – プロフェッショナル(DOP-C01)取得に向けた、

本試験に非常に近い実践的な模擬試験です。

本模擬試験を受験する事で資格取得に一気に近づきます。


全5回分となります(近日中に残り1回分を追加予定です)。


本模擬試験の内容は基本的に以下試験ガイドに沿った内容です。


分野 1: SDLC の自動化

  • 1.1 CI/CD パイプラインを自動化するために必要な概念を適用する。

  • 1.2 ソース管理戦略の内容、およびソース管理戦略を実装する方法を決める。

  • 1.3 テストを自動化および統合するために必要な概念を適用する。

  • 1.4 アーティファクトをセキュアに作成および管理するために必要な概念を適用する。

  • 1.5 展開/配信戦略の内容 (例: A/B、ブルー/グリーン、カナリ-、レッド/ブラック)、および、A

  • WS サービスを使用して展開/配信戦略を実装する方法を決める。


分野 2: 構成管理および Infrastructure as Code

  • 2.1 展開ニーズに基づいて展開サービスを決める。

  • 2.2 業務ニーズに基づいて、アプリケーションとインフラストラクチャの展開モデルを決める。

  • 2.3 リソースプロビジョニングの自動化においてセキュリティ概念を適用する。

  • 2.4 展開にライフサイクルフックを実装する方法を決める。

  • 2.5 AWS の構成管理ツールおよび構成管理サービスを使用してシステムを管理するために必要

  • な、概念を適用する。


分野 3: 監視およびロギング

  • 3.1 ログおよびメトリクスの集計処理、格納処理、および分析処理をセットアップする方法を決める。

  • 3.2 環境の監視および環境におけるイベント管理を自動化するために必要な概念を適用する。

  • 3.3 オペレーティングシステム、インフラストラクチャ、およびアプリケーションを監査、ロギング、および監視するために必要な概念を適用する。

  • 3.4 タグ付けなどのメタデータ戦略を実装する方法を決める。


分野 4: ポリシーと標準の自動化

  • 4.1 ロギング、メトリクス、監視、テスト、およびセキュリティに関する標準を遂行するために必要な概念を適用する。

  • 4.2 自動化によってコストを最適化する方法を決める。

  • 4.3 統治戦略を実装するために必要な概念を適用する。


分野 5: インシデントおよびイベントへの対応

  • 5.1 問題をトラブルシューティングし、また、運用復旧方法を決める。

  • 5.2 イベント管理とアラート通知を自動化する方法を決める。

  • 5.3 自動復旧を実装するために必要な概念を適用する。

  • 5.4 イベント駆動型自動アクションをセットアップするために必要な概念を適用する。


分野 6: 高可用性、フォールトトレランス、およびディザスタリカバリ

  • 6.1 マルチ AZ アーキテクチャとマルチリージョンアーキテクチャのどちらが適切かを決める。

  • 6.2 高可用性、拡張性、およびフォールトトレランスを実装する方法を決める。

  • 6.3 業務ニーズ (例: RTO/RPO、コスト) に基づいて適切なサービスを決める。

  • 6.4 ディザスタリカバリ戦略を設計および自動化する方法を決める。

  • 6.5 障害点の観点から展開を評価する。




Reviews

S
S.Nagakubo27 March 2021

問題と回答の説明が「?」となる箇所が少しあります。解説そのものを見ると、試験で問われるコツを理解できますので解説に関しては非常に有用です。ここを抑えるだけでも、効果はありそうです。私は明後日試験なので、試験を受けてみて加筆したいと思います 実際に受けてきました。 合格はできました。 本番との一致度を問われると、あまり一致してないですが、学習の目安としては本教材は有用かと思います。

藤波大祐7 December 2020

【問題の精度と品質】 かなり高いです。DOP-C01で要求される領域をよくおさえてあります。 SAA、DAV、SOA持ちの方は無料の公式トレーニングと本コースだけでクリアできると思います。 翻訳の精度はあまり気にならなかったです。 (本番は英語/日本語両方読んだほうが安全だし。。。) DynamoDBのグローバルテーブルを利用したマルチリージョンレプリケーション関連もあったらいいなと思いました。 【解説の親切さ】 参照すべきdocの記載もあり、解説がとても親切でわかりやすいです。 ただ間違い選択肢の解説で怪しいところがチラホラあります。 とはいえこの問題に手を付ける方は、ある程度わかってる方だと思うので、あまり意識しないかもですね。。。 【スコア】 ・業界8年目、インフラ>アプリ、AWSマン2年目 ・公式のトレーニング動画、有料模擬試験、無料サンプル問題、本講習使用 800/1000でした。 是非SAP、DAS、MLSや、講師の方が保有するSCS、ANSも出していただけるとうれしいです。

R
Random2 November 2020

・模擬テストを2回分問いてみた感想です。 機械翻訳して作られたと思われるような、日本語が怪しい設問が散見されます。感覚としては本番試験より違和感があります。 本番試験ではワード単位でたまに違和感がある設問がありますが、この模擬試験では、明らかにおかしいのに何故放置されてるのだろうと疑問になるくらいな文脈レベルで違和感を覚える設問が見受けられます。 その為設問における要件と回答の結びつきに疑問が残った。また、解説があっさりしており、設問における捉えるべき要件、何故正解で、不正解なのか、ポイントとなるAWSサービス/機能の案内などもっとあるといいなと感じました。 設問の内容、設問そのものが重複してる物が時々見受けられます。 ・試験受験後再レビューしようと思います。

H
Hideokamoto19 October 2020

それぞれの演習テストから1〜2問程度ずつ本試験でも出題があった印象があります。 各テストを1回は取り組み、不正解だった設問の解説を確認 + Developer IOブログやAWS Blackbeltのスライドを読み返せばかなりの勉強になります。 普通に読むと「ん?」となる表記が問題文や選択肢に含まれていることがありますが、本試験も似たようなものです。 ここで慣れておきましょう。 手間を考えると値上げすることになるとは思いますが、この辺があるとより理解が深まってよいかなと感じました。 ・全問で不正解である選択肢がなぜ不正解であるかの解説をいれる ・英文での問題文の併記 ・解説に含まれるAWSドキュメントURLを日本語のものに変更する(Udemyアプリからだとほぼ確実に英語のページに飛ばされます) P.S. 本ラーニング + AWS公式の模擬試験受験と復習のみでしたが、1発合格しました。

K
Kengo3 September 2020

>>選択肢の間違い、日本語翻訳の間違いとみられるものも多く見られ>>る。 設問の間違いについてご修正いただけたこともあり、過去のレーティングを見直しています。全体的な問題の品質としては良いと思います。 気になった点としてはテスト本番の日本語訳を想定したレベルの翻訳であるとは思われるのですが、一部の問題では例えば説明文中の形容詞がどの単語にかかっているのかわからず答えを断定できない、本質的な知識とは違うレベルで悩むように感じた設問もありました(概ねは問題ありません)。日英の両方の記載が見れるならば問題とはしないのですが、正答率を使った模試合否判定には影響してしまうので少し減点部分になります。

J
JimiStrong16 July 2020

無事DevOpsエンジニアプロフェッショナル試験に合格する事が出来ました。 本問題集が非常に参考となる問題がかなりありました。具体的な内容は書けませんが、RDSまわりや、Systems Manager、Pipelineのポリシー等々(まだいろいろあります)です。 無事合格が出来たという点で、星5つとさせていただきます。 ありがとうございました!

皆川29 June 2020

DevOpsエンジニアの問題集はほとんど無いと思うので貴重かと思います。 少しだけ誤字が見られましたが内容はちゃんとしていると感じました。 あとは1つのテスト自体の問題数は多いですがテストが現時点で2つしかないので星4つとします。


2963114

Udemy ID

4/6/2020

Course created date

7/1/2020

Course Indexed date
Bot
Course Submitted by

Twitter
Telegram