動かない部下が自分から動くようになる4ステップ

「部下を育てるには、伝え方が大事」と頑張っていませんか?分かりやすく伝えようとするほど、部下とのコミュニケーションは難しくなります。大事なのは、伝え方ではなく「聴き方」です。このコースでは「聴き方」についてお伝えします。

Udemy
platform
日本語
language
Management
category
instructor
23
students
32 mins
content
Oct 2021
last update
FREE
regular price
What you will learn

部下に信頼される方法

上司・部下との人間関係が楽になる方法

部下が自分から目的をもって動いてくれるようになる方法

コミュニケーションがうまくいくことで業績を上げる方法

Description

【この講座であなたができるようになること】

一言で言うと、

上司・部下との人間関係がラクになる

です。


もっと具体的に言うと次の3つです。

1.コミュニケーションスキルが身につく

2.部下・上司から信頼される人になる

3.業務の生産性が上がる


【こんな方のための講座です】

・社内のコミュニケーションを上手にしたい

・上司部下との人間関係をよくしたい

・自分から動ける部下を育てたい


【この講座であなたが学ぶこと】

部下を自ら動ける人材に育てるには、聴き方が9割です。

よくありがちなのは、仕事内容を上手に伝えようとすることです。

私たちは部下に、ロジカルに伝えよう、冷静に伝えようとします。

しかし、それではかえってストレスが溜まります。

なぜなら、自分の怒りや不安を先にコントロールしなければならないからです。

一方、部下の意見を積極的に聴くという行為は、やる気を引き出します。

この講座では、積極的な聴き方を4ステップで学べます。


【なぜ4ステップで人は自ら動くようになるのか】

4ステップで、部下は自分の目的に自ら気づくからです。

4ステップでは、相手の話を積極的に聴くための導線を作ります。

部下があなたを信頼する→あなたが積極的に話を聴く→部下が自分の目的に気づく→生鮮性が上がる

というわけです。

あなたは、自分の怒りや不安をコントロールしなくてもOK。

なぜなら、ロジカルに伝える必要がないからです。積極的に話を聴くだけでいいのです。


【4ステップで人が自ら動くようになった実例】

上司の話を聞かず、職場内でイザコザを起こしていたTさんの事例をご紹介しています。

T[さんは、4ステップを実行することで、同僚を助けるようになりました。また、凡ミスが減り、誰よりも仕事熱心になりました。つまり、生産性が上がったのです。




それでは、

講座の中でお会いできるのを楽しみにしております。







Screenshots
動かない部下が自分から動くようになる4ステップ - Screenshot_01動かない部下が自分から動くようになる4ステップ - Screenshot_02動かない部下が自分から動くようになる4ステップ - Screenshot_03動かない部下が自分から動くようになる4ステップ - Screenshot_04
Content
この講座であなたができるようになること
こんな方のための講座です
この講座であなたができるようになること
上司・部下との人間関係がよくなる
部下とのコミュニケーションで大事なこと
感情をコントロールすべき4つの理由
部下が自ら動く4ステップ
このセクションの全体像
感情のコントロールが難しい6つの理由
【事例】4ステップで仕事熱心になったTさん
【事例】4ステップで高校生にして稼げるようになった
よくある質問Q&A
5つのQ&A
ボーナスレクチャー
ボーナスレクチャー
4337766
udemy ID
10/7/2021
course created date
10/14/2021
course indexed date
Bot
course submited by
TwitterFacebookInstagramYoutubeTelegramTelegram