Udemy

Platform

日本語

Language

Communications

Category

プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレーの現役プロダクトマネージャーが伝授する、伝わるプロダクトアイデアの書き方

シリコンバレーに在住15年以上、米系スタートアップ・大企業での豊富なProduct Manager経験をもとに、プロダクトのアイデアをより研ぎ澄ますシリコンバレー流の書き方や伝え方を詳しく解説

4.19 (240 reviews)

Students

4.5 hours

Content

Sep 2020

Last Update
Regular Price


What you will learn

プロダクトのアイデアを現実に落とし込む時にどのようなことを考えるべきなのか?

プロダクトに関する深い洞察や観察力を磨く方法

プロダクトマネージャーの目論見である、Product Requirement Document(PRD)を書く時には何を意識して書けばよいのか?

書いたPRDをどのようにステークホルダーに伝えていくか?

PRDとプロダクトビジョンやプロダクトストラテジーの関係は?

アジャイル開発におけるPRDの扱い方とは?


Description

世界中の人たちに使ってもらえるプロダクトを作ってみたい、シリコンバレーから次々と生まれる革新的なサービスを見ていてそう思うかたも多いはず。ただ、どんなに優れたアイデアでも適切に言語化・ドキュメント化され必要な協力を得ることができなければ絵に描いた餅に終わってしまいます。シリコンバレーのプロダクトマネージャー(PM)達は、Product Requirement Documentation(PRD)というドキュメントを通して、作りたいプロダクトのアイデアをまとめていきます。このドキュメントは単純な「仕様書」と違って、PMの代わりに社内を独り歩きする非常に重要なアウトプットの一つです。従って「プロダクトアイデア」というぼんやりしたものをビジネスやテクノロジー面などでクリアにし、ステークホルダーを味方につけるためには相応の言語化スキルが必要となります。

しかしながら、日本にはこれまでPRDの書き方や注意点、PRDを書く力を伸ばすために体系的に学べるものがありませんでした。PRDはいつも手探りで書いている、どう書けばステークホルダーに伝わるかわからない、PRDを書いても自信がない、というプロダクトマネージャーの方はもちろん、どのようにプロダクトのアイデアを形に落とすのか、そのノウハウを学びたい方に最適なコースを作りました。テクノロジーの聖地シリコンバレーに在住15年以上、現地のスタートアップや大企業で現役プロダクトマネージャーとして働く講師が具体的事例をもとに、世界の先端で使われるPRDの考え方と書き方を詳しく説明します。


Screenshots

プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレーの現役プロダクトマネージャーが伝授する、伝わるプロダクトアイデアの書き方
プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレーの現役プロダクトマネージャーが伝授する、伝わるプロダクトアイデアの書き方
プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレーの現役プロダクトマネージャーが伝授する、伝わるプロダクトアイデアの書き方
プロダクトマネジメント実践講座: シリコンバレーの現役プロダクトマネージャーが伝授する、伝わるプロダクトアイデアの書き方

Content

プロダクトマネージャーとPRD

はじめに

プロダクトマネージャーとは?(おさらい)

Product Requirement Document (PRD) とは?

まずは本物のPRDがどんなものか見てみよう

リアルPRD紹介 - Part1

リアルPRD紹介 - Part2

PRD is vs PRD is not

良いPRDのための3つのゲージ

プロダクトマネージャーとコミュニケーション - 平方根ルール

プロダクトマネージャーとコミュニケーション - 4要素レーダーチャート

プロダクトマネージャーとコミュニケーション - インタラクションゲージ

プロダクトマネージャーとコミュニケーション - 影響力 その1

プロダクトマネージャーとコミュニケーション - 影響力 その2

プロダクトマネージャーとコミュニケーション - 影響力 その3

Chapter1 まとめ

プロダクトドキュメンテーション

プロダクトドキュメンテーションの5形態

Product Visionとは?

Product Visionの良い例と悪い例 - Part1

Product Visionの良い例と悪い例 - Part2

Product Visionのスコープ範囲

Product Strategyとは?

Product Roadmapとは?

Product Conceptとは?

Product Concept事例: Airbnb - Part1

Product Concept事例: Airbnb - Part2

Product Concept事例: Airbnb - Part3

Chapter2 まとめ

PRDを書くための準備 - 前篇

PRDを書くための準備 - 前篇(導入)

ユーザーが直面する問題をどう捉えるか?

ビジネス機会・規模をどのように捉えるか?

フェルミ推定とは?

フェルミ推定の考え方のステップ (例題)

フェルミ推定の例題の解説 (その1)

フェルミ推定の例題の解説 (その2)

マーケットリサーチとの向き合い方

今着手しないと何が起こるのか?

ビジネスランドスケープフレームワーク: CPCC - Part1

ビジネスランドスケープフレームワーク: CPCC - Part2

仮説を立てる

仮説を研ぎ澄ます - Part1

仮説を研ぎ澄ます - Part2

Chapter3 まとめ

PRDを書くための準備 - 後編

PRDを書くための準備 - 後編(導入)

"What"を定義する - 特性で考える

"What"を定義する - 時間 x 価値軸で考える

"What"を定義する - ビジネスプロファイル群

"What"を定義する - 価値機能群 Part1

"What"を定義する - 価値機能群 Part2

"What"を定義する - 価値機能群 Part3

何を持って成功とするか? North Star Metric例

North Star MetricとTopline Metric

Chapter4 まとめ

伝わるPRDのコツ

はじめに

PRDを読む人が考えること例

プロダクトチームの成熟度とPRD理解度の関係

エンジニア出身でないプロダクトマネージャーとPRD - Part1

エンジニア出身でないプロダクトマネージャーとPRD - Part2

PRDが伝わるためのその他の工夫

Chapter5 まとめ

PRDを書く力をあげる

はじめに

PRDの品質をあげるためのストック視点とフロー視点

プロダクトランドスケープ

プロダクトランドスケープを使っていれば失敗を防げた可能性のある事例

ユーザーフロー(カスタマージャーニーマップ)- Part1

ユーザーフロー(カスタマージャーニーマップ)- Part2

ユーザーフロー(カスタマージャーニーマップ)- Part3

ユーザーフロー(サービスブループリント)- Part1

ユーザーフロー(サービスブループリント)- Part2

ユーザーフロー(サービスブループリント)- Part3

マネーフロー Part1

マネーフロー Part2

データフロー Part1

データフロー Part2

データフロー Part3

Chapter6 まとめ

実践PRD

アジャイルソフトウェア開発のおさらい

アジャイルソフトウェア開発とPRD

現場での例 - Part1

現場での例 - Part2

プロダクトマネージャーにとっての"Done"とは?

シリコンバレー企業のPRDモデル (サンプルダウンロード可能)

シリコンバレー企業のPRDモデル解説 - Part1

シリコンバレー企業のPRDモデル解説 - Part2

シリコンバレー企業のPRDモデル解説 - Part3

シリコンバレー企業のPRDモデル解説 - Part4

PRDに関するよくある質問 - Part1

PRDに関するよくある質問 - Part2

Chapter7 まとめ & おわりに


Reviews

N
Noriaki042225 July 2020

曽根原さんのお話は、分かりやすいです。 今、まさに課題に感じていたPRDの書き方、伝え方を学べると言うことで、早速購入しました。 今半分程度見ました。 webでPRDの書き方はありますが、やはり音声の方が情報量多いので、勉強になります。 日本の全てのIT企業の経営者と、PM、PM候補の方に見て欲しいです。必ず、良いチームになれる、良いプロジェクトになれるヒントがあると思います。 --------------------------------------------------------- 7月27日に全部見ました。 内容が豊富なので、見直しが必要かなと思います。 一点、曽根原さんが書いたサンプルのPRDが見て見たかったです!


3257576

Udemy ID

6/21/2020

Course created date

8/5/2020

Course Indexed date
Bot
Course Submitted by