Microsoft Power Automate Desktop 入門講座

RPA ( Robotic Process Automation )がプログラミング無しで作れるWindows10ユーザーに無償提供される Power Automate Desktop。このコースで次世代のRPAツールを体験してみましょう!

4.43 (979 reviews)
Udemy
platform
日本語
language
Operations
category
5,431
students
5.5 hours
content
Aug 2022
last update
$84.99
regular price

What you will learn

Power Automate Desktop をまったく使ったことがない、という状態から簡単なオートメーションが作れるようになるまで

Power Automate Desktop の基本的な使い方

話題のRPA (Robotic Process Automation)って一体どういったものか?実際に自分で作って体験できます

RPA をノーコード(プログラミングなし)で作るってどういうことか体験できます

Description

/// RPA ( Robotic Process Automation ) ほんとにできるの!? ///

Nocode、Lowcode。プログラマーじゃなくても、業務の自動化、RPAができるという Microsoft Power Automate Desktop。Windows10ユーザーなら無料だし、興味はあるけど、なんかとっつきにくい。

そもそもRPAなんて自分とは無縁なんでは?そんな風に思っていませんか?

お気持ちよく分かります。私自身、プログラマーではありませんし、プログラミングの知識なんてないので全く同じように思っていました。それもあって、そもそもRPAなんて無理でしょう、そんな風に思っていました。でも、やはり気になるし、なにしろWindows10ユーザーには無料なのでとりあえずやってみました手を動かしながらPower Automate Desktop をいじっているうちにこう思うようになりました。

え!こんなのでRPAできちゃうの!?


/// マイクロソフトの他の製品とあんまり変わらないじゃん! ///

さすがMicrosoftの製品だけに、Power Automate Desktopの操作性は非常に他のマイクロソフトの製品に似ています。ドラッグアンドドロップでRPAができちゃう感覚は、個人的にはExcelのPivot Tableと同じです。しかもプログラミングらしい要素と言えば、唯一変数という概念が出てくることでしょうか。ただ、この変数も何度も使っているうちに慣れました。

こうしたうれしい発見があり、私の中で、Power Automate Desktopは自分のようなプログラマーでは無い人から、無縁のものではなく。むしろ日々のオフィスワークをこなす自分たちのような人のためのもの、という認識に変わりました。

Power Automate Desktopは、自分で、自分が分かっている細かい業務を、自分で自動化して楽をするために使う、エクセルと同じくらいガシガシ使えるツールと思えるようになったのです。みなさんにも同じことを感じて欲しいと思い、このコースを作りました。


/// エクセル=表計算、パワポ=プレゼン、Power Automate=自動化 ///

エクセルで表計算して、パワポでプレゼンを作る。そしてPower Automate Desktopで業務の自動化をする。これらはすべてマイクロソフトの製品ですので、画面の見た目や、操作性は非常に似ています。

Power Automate Desktopは全く別次元のものではなく、ソフトの目的が違うだけで、みなさんお馴染みのエクセルやパワポと同列にあるもの、そんなイメージです。


//// あ、いけそう!そう思っていただきたい ///

このコースの目的は、みなさんにPower Automate Desktopに興味を持ってもらい、基本的な操作方法を知ってもらうことで、あっこれなら自分でもできそう。業務の自動化、RPAって自分と全然無縁なものじゃないんだ、と感じてもらうことにあります。それがあれば、さらに学習を進めたいと思った時、WebやYouTube、そしてUdemyでリソースを探して学習を続けることができます。

このコースでは、そもそもRPAとは何か?といった小難しい話はしません。いきなり手を動かしてもらいながら、基本的な操作方法を学習してもらいます。一旦、基本的な内容をカバーした後はすぐに実際に使えるオートメーションをケース別に作っていくハンズオン形式をとっています。


/// 安心して受講いただくために、インストール手順は公開してます ///

Power Automate Desktop、Windows10ユーザーなら無料といいつつ、ちゃんとダウンロードできるかな?自分のパソコンでもちゃんと動かせるかな?そんな不安あるかと思います。ですので、このコースではダウンロードとインストールに1セクション設けています。無料でプレビューできるようにしていますので、そちらで試していただいた上でご受講いただければと思います


/// 30日間の返品保証もついてます ///

とはいえ、Power Automate Desktop、RPA、業務のオートメーション、なんだかむずかしそうな話で、ホントに自分ができるかなぁ?私も同じように思っていたので、お気持ちよく分かります。ですので、このコースには30日間の返品保証がついています。しかも、Power Automate Desktopは、Windows10ユーザーなら無料です。

つまり、みなさんはノーリスクで学習を始めることができます。ずっと気になっていたRPA、ちょっとやってみませんか?それではコースでお会いしましょう。

Screenshots

Microsoft Power Automate Desktop 入門講座 - Screenshot_01Microsoft Power Automate Desktop 入門講座 - Screenshot_02Microsoft Power Automate Desktop 入門講座 - Screenshot_03Microsoft Power Automate Desktop 入門講座 - Screenshot_04

Content

イントロ

コースの概要紹介
【スキップして構いません】学習効率を高めるUdemy動画の8つの機能

Microsoft Power Automate Desktopをインストールしましょう

セクションイントロ ―このセクションですること―
インストール方法

いきなりフロー作成!

セクションイントロ ―このセクションですること―
フローの新規作成とフロー名についてのベストプラクティス
アプリケーションの実行
フローの保存とコースの中断/再開方法
ウィンドウ内のテキストフィールドに入力する
フローを実行する/アクションを修正する

Power Automateの画面説明と基礎知識を紹介します

セクションイントロ ―このセクションですること―
ホーム画面の紹介
編集画面の画面構成を紹介
アクション
変数の設定
変数の中身を途中で変える
自動で生成される変数
UI要素
UI要素の追加
デバッグ
デスクトップ レコーダー
ここまでのまとめ

ウェブサイトの立ち上げ、サイト内の移動、そしてテキストを入力するフロー

セクションイントロ ―このセクションですること―
新しいフローの作成
新しいChromeを起動する
Webページのリンクをクリックする
Webページのリンクをクリックする ―課題編―
Webページのリンクをクリックする ―解答解説編―
メッセージを表示
Webページ内のテキストフィールドに入力する
まとめ
【補足】詳細情報を変数で置き換える
【補足】フローをコピーする方法
【補足】Webページからデータを抽出する

PDFからテキストデータを抽出し、メモ帳に貼り付けるフロー

セクションイントロ ―このセクションですること―
新しいフローの作成
フォルダ内のファイルを取得する
For eachにより反復処理の準備を行う
For eachによる反復処理をメッセージを表示して確認する
PDFからテキストを抽出する
PDFから抽出したテキストをメッセージを使って確認する
テキストをファイルに書き込みを行うアクションを設定
フォルダのアドレスを示す変数を設定する
テキストをファイルに書き込む際、同時に書き込み先のメモ帳も作成する
まとめ

ブラウザにエクセルから値を入力して、結果をエクセルにまとめるフロー

セクションイントロ ―このセクションですること―
新しいChromeを起動する
Excelを起動する
Excelのデータを読み取る
For eachにより反復処理を行う
反復処理の検証をメッセージにより行う
Webページ内のテキストフィールドに入力をする ―Email Address of Requester―
Webページ内のテキストフィールドに入力をする ―Loan Amount Requested―
Webページでドロップダウンリストの値を設定する
Webページ内のテキストフィールドに入力をする ―Current Yearly Income と Age 課題―
Webページ内のテキストフィールドに入力をする ―Current Yearly Income と Age 解答解説―
Webページのボタンを押す ―Submit ボタン―
Webページのボタンを押す ―Apply For Another Loan ボタン―
ローン審査の結果を判断する方法
Webページ上の詳細を取得します
IF
Else
Webページの要素の詳細を取得する
ローン審査が通らなかった場合の変数の設定
IF分岐中の変数の検証
Excelワークシートに書き込む
変数を大きくする
Excelワークシートに書き込む ―続き―
Excelを閉じる
ブラウザを閉じる

THANK YOU!

THANK YOU!

Reviews

岡本浩貴
July 19, 2022
ブラウザにEdgeを使用したがUI要素を選択できなかったり、実行時に認識しなかった。講師がMS製品なのにブラウザにChromeを使うのも不可解で、その説明はすべきであると思う。また、IF文も講師がコースの中で上手く動かない説明をしていたが、”末尾がでない”にしても全てApproveとして認識された。最後まで実行できず残念である。
吉田真由美
June 26, 2022
とても分かりやすく丁寧でした。 RPAもudemyも初めてでしたが、何となく理解できました。 動画だと、分からない部分は停止したり、戻したりできるので自分のペースで出来てよいと思いました。 途中、どうしてもうまくいかないところがあったのですが、Q&Aとかで他の方も同じような質問をされていたので安心しました。
山本
June 22, 2022
懇切丁寧な解説で好感が持てる上、分かりやすい。 ただ、ヤフーファイナンスのバージョンがやや古い。現在は東証一部なども廃止され、東証プライムなどに再編されている為に、セクション5で躓いてしまった。特に、市場選択がボタン式からプルダウン式になっていた事や、株価検索ボタンをPADにクリックさせる事ができないという問題に直面し、最終的に該当のCSSセレクタを更新する事で解決した。
吉水信仁
June 21, 2022
初め、デスクトップのインストールが、変更されてて 戸惑いましたが、その後は、わかりやすく進められてます。 PDFをダウンロードしてくださいとだけ言われましたが どこからダウンロードするかも、説明の一言が欲しかったです。 ダウンロードをするのに、時間がかかり時間がもったいなかったです。
Takahiro
June 2, 2022
PAD初心者・入門に非常に向いている講座でした。 説明がくどいとの意見もありますが、忙しくて一気に進められない時には途中から再開するときに前回までに何をしていたかを思い出すことができるので、私は助かりました。 普段の業務に当てはめて考えることができ、非常に勉強になりました。 ありがとうございました。
松本
May 25, 2022
通し聞く場合に説明がくどかった。あと、作成したフローをコマンドラインから実行させタスクスケジューラで毎日定刻に自動的に動かすなどできると、よりルーティーンの自動化ができるために実現できるかを知りたいです。
S
March 23, 2022
・説明が丁寧で非常に分かりやすかった ・フローを作成するだけでなく、テクニックや注意点についても言及されていた ・実務ですぐに実践できそうな例題だった ・一部エラーとなってしまうアクションがあった(株価検索ボタンの押下アクション)
M
March 17, 2022
セクション5.31で、ウェブページのボタンをクリックするアクションに関するエラーについて2件の質問が投稿されているが、回答がないままです。質問投稿日時がどちらも現時点で一か月前となっているので、放放置しすぎだと思います。
February 23, 2022
説明が丁寧なの良いが丁寧すぎて、繰り返しの説明が多すぎる。 各作業ごとに戻って説明をせず、そのまま一気に続けて説明しても良い部分で、繰り返しで説明を戻すために、一連の作業手順が頭に入りにくいし、学習時間としても無駄に思う。 セクションを重ねていくと、前のセクションで説明された内容は細かな説明は省いてもらった方が良いです。
高野
February 18, 2022
私はVBAの経験があるので、IFやFOR EACHの説明は冗長に感じたが、そこは倍速で見ることによって対応できた。 同じことを何度も説明するので、くどいとも思うが、一回の説明で完璧に理解できる人ばかりではないので、重要なことは何度も説明して身に着けさせるという方針だと理解した。 初心者がPADを勉強するにはわかりやすい教材だと思う。
川村
February 11, 2022
なぜいままでこのような機能がなかったのかと思うほどWindowsの大幅な機能拡張だと思う。是非ものにして今後に役立てたい。 ただ、セクション5でYahooFinanceの画面が変わっていてエラーになるので対応してほしい。
はははは
December 15, 2021
以前、Power Autemete Desktop に関する本を読んだり、ネットで調べたりしましたが、結局途中で躓いてしまいました。 もし、この講座に出会えなかったらそのまま挫折していたと思います。 講師は大切なことを何回も繰り返してくれるので、自然に記憶に定着しました。 また、 なぜそうなるのか? の説明も大変わかりやすく、学ぶ過程で特に疑問を持つことはありませんでした。 最後まで終了していませんが、以前からPCにやらせたかった事はオートメーション化できたので途中で(56までで)視聴をやめました。 必要があれば続きを見たいと思っています。 本当にありがとうございました!(^^)/
Takashi
December 6, 2021
知識が何もない状態から受講しましたが、説明が簡潔でわかりやすかったです。Power Automate Desktopで何ができるのか?どうやって使うのか?の基礎的な内容に関する入門講座としておススメできる内容でした。
vba
October 17, 2021
現在官民問わずRPAの需要は年々高まっており、スキル習得の必要性を感じていたところでしたので大変助かりました。 私はVBAも使えるので変数やFor Eachのような繰り返し構文には馴染もあって分かりやすかったです。 今後もスキル習得でお世話になります。
黒岩
October 16, 2021
Power Automate Desktopで何ができるのだろう?との疑問から 本講座を受講させて頂きましたが、結果、大満足でした。 通常、手動で行うWEB操作を如何自動化するのか。 ブラウザにエクセルから値を入力して、結果をエクセルにまとめるフローで これまで手動でWEBからEXCELへコピペしていた作業が こんな簡単なフローで自動化できるを体験しました。 仮に、PADが無かったら同じ機能をVB等で開発するするとしたらプロのスキルが必要でしょう。  加えて、PDFのテキスト化は使い物になるの? と疑問がありましたが、精度が高いし、テキストをメッセ―ジで確認できるので誤読の心配も無くなりました。  本受講によりRPAが私の様なシロートでも手が届くことが解り、夢が膨らみました。

Charts

Price

Microsoft Power Automate Desktop 入門講座 - Price chart

Rating

Microsoft Power Automate Desktop 入門講座 - Ratings chart

Enrollment distribution

Microsoft Power Automate Desktop 入門講座 - Distribution chart
4140626
udemy ID
6/23/2021
course created date
7/21/2021
course indexed date
Bot
course submited by