Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで

エクセルの ピボット テーブル食わず嫌いで避けていません?私もそうでした。使い始めてすぐ「早く知っておけば!」とすごく後悔。でももう心配ありません。このコースでピボットテーブルの経験ゼロから実戦で分析に活かせるヒーローレベルまで4時間で習得

4.35 (1685 reviews)
Udemy
platform
日本語
language
Money Management Tools
category
Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで
7,751
students
5 hours
content
May 2024
last update
$49.99
regular price

What you will learn

ピボットテーブルを使ったことがない。からピボットテーブル使えます!と宣言できるまで

実務の中でピボットテーブルを使って得た気づき。どう実務に活かすか?のコツ

サンプルデータにより、実際に手を動かしながら学ぶ、ピボットテーブルの操作法

データソーステクニック、フォーマットテクニックなど更にピボットテーブルを使いこなすためのテーマ毎のテクニック集

視点を変える、見方を変えるといったピボットテーブルを実務で役立てるためのテクニック集

一言で例えるならピボットテーブルでみなさんがゼロからヒーローになる方法

【注意!】このコースではPower Pivotは扱いません

Why take this course?

【まあエクセル関数で計算すればいいや...】

エクセルピボットテーブル。ずっと気になってはいるけど、どうも使うきっかけがない。本を読んでみたものの、どうもとっつきにくくてやめた。

お気持ちよぉ~く分かります。

私自身、ピボットテーブルを使いはじめたのは、実は最近です。それまでは、なんか難しそうだし、まあ普通にエクセル関数で集計すればいいや、と思っていました。


【もっと早くおしえてよぉ~】

しかし、転職をきっかけに、ピボットテーブルを使うようになりました。B to Bの会社から、B to Cの会社に移ったことで、分析で扱うデータ量が爆発的に増えたのがきっかけです。使い始めてすぐに思ったこと。それは...

「もっと早くやっとけばよかった~!」です。

認めたくはありませんが、ピボットテーブルを知らなかったために、1日数時間は、やらなくてもよい計算、集計をしていたと思います。でも、今は、そんなことはなかったかのように、ピボットテーブルをしれっとみなさんにおススメしています。


【やらない理由もキチンとある】

じゃあ、なぜピボットテーブルを使わなかったのか?振り返ってみると、やはりそれなりに理由がありました。

同じくエクセルのVBAのように、習得に時間がかかる。マスターする頃には、定年を迎えてしまうのでは?という懸念がありました。また、本や研修で学ぼうとすると、メジャーやディメンションといった聞きなれない言葉がどんどん出てくるし、網羅的になり過ぎて、そんなのいつ使うの?という説明が多かったです。


【あの時欲しかった!をコースに仕立てました】

このコースは、私があの時「こんなコースを受けたかった!」というのをベースにデザインしました。

ぶっちゃけた話、一番スキルが伸びるのは、実戦に投入して、実務でガンガン使うことです。Udemyで一人でオンラインコースを受けることではありません。

  • Section1 デモ:5分でトップ10&ワースト10商品をダッシュボード化

  • Section2これだけ知ってればもうピボットテーブル使えます!って宣言できます。

  • Section3いきなり課題にチャレンジ!

ですので、このコースではSection2までで、もう実戦投入ができるように必要最低限のことをまとめました。

Section3では、いきなり課題にチャレンジしてもらいます。

それをもってまずは、実務で使い始めていただきます。

さらに、Section4以降では、さらにピボットテーブルを使いこなすためのテクニックをテーマ毎にまとめました。

  • Section4 データソースに関するテクニック

  • Section5フォーマットに関するテクニック

  • Section6視点を変えてみる

  • Section7 見え方を変えてみる

これらのセクションでは、ピボットテーブルを活用して、分析の幅を広げ、新しい視点を得る、気づきを得ることを意識して、単なる操作方法を超えて、洞察を得るためのテクニックを、私の実務での体験を織り交ぜながら説明します。

Section3までの内容+実務経験という土台をもって、Section4以降を受講してもらえれば、ピボットテーブルを実務で活かすスキルを効率よく学ぶことができます。

手を動かしながら受講していただけるように、コースで扱うサンプルデータをダウンロードできるようにしてあります。


【ピボットテーブルを使っていない?おめでとうございます!】

今、ピボットテーブルを使っていないなら、みなさんにはとんでもない伸びしろがあります。私もそうでしたので、状況すごくよく分かります。操作自体は超簡単で、今日からすぐ使い始められるピボットテーブル。

みなさんのスキルのレポートリーに加えてみませんか?

それではコースでお会いしましょう!

Screenshots

Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで - Screenshot_01Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで - Screenshot_02Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで - Screenshot_03Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで - Screenshot_04

Our review

このデータセットは、ピボットテーブル(Pivot Table)に関するオンライン講座の評価や感想を含むものですね。参加者がピボットテーブルの理解度が向上したというようなポジティブなフィードバックが多く、この講座が実務に役立つと感じる意見も多いです。また、ピボットテーブルだけでなく、XLOOKUP関数などの新しい機能についても学び、価値を見出したということもあります。参加者はこの講座がピボットテーブルの使用を避けてきた理由を解消し、日々の業務での活用につなげる手助けになったとの感想が多いです。 このようなフィードバックは、講座の提供者にとって非常に有益です。それらを分析して、以下のような点を改善することができます: 1. **デモンストレーションの重要性** - 多くの評価で「デモンストレーションが非常に役立った」と言われているので、この点を強化する。 2. **実務への応用** - 参加者が業務で直面するようなシナリオを取り上げ、それにピボットテーブルをどのように適用するかを具体的に示すことが重要。 3. **練習と実践の機会** - 参加者が自分でデータを触れ、操作を繰り返すことでスキルアップにつなげる。 4. **追加講義** - XLOOKUP関数などの新しい機能についての教材を追加することで、より幅広なデータ分析スキルを提供する。 5. **パーソナライズ** - 参加者が自分のニーズに合わせた学習プロセスを進められるようにすることで、学習の効率を向上させる。 このようなフィードバックをもとに講座の内容や方法を改善し、参加者がより具体的な問題解決能力を身につけられるようにすることが求められます。

Charts

Price

Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで - Price chart

Rating

Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで - Ratings chart

Enrollment distribution

Microsoft Excel Pivot Table 0 to Hero エクセル ピボット テーブル入門から実戦まで - Distribution chart
2619470
udemy ID
10/22/2019
course created date
11/27/2019
course indexed date
Bot
course submited by