Udemy

Platform

日本語

Language

Other Finance & Economic

Category

非専門家として押さえておきたい「リース会計」の基礎

リース会計って難しそうだなと思っていませんか?1時間未満で専門家でない人が知っておくべきリース会計の基礎を解説します。経理財務以外の方にも今後大きな影響が及ぶ改訂が予定されているリース会計の「これだけ」を押さえておきましょう。

5.00 (2 reviews)

Students

38 mins

Content

Jun 2021

Last Update
FREE
Regular Price

EXCLUSIVE SKILLSHARE OFFER
Exclusive SkillShare Offer
Unlimited access to 30 000 Premium SkillShare courses
40%OFF ANNUAL MEMBERSHIP

What you will learn

リース取引の会計上の定義を知る

リース会計について米国会計基準、国際会計基準の影響を知る

リース会計が今後の事業に及ぼす影響を知る

リースの分類、会計処理、財務諸表表示の概要を知る

リース取引を正しく会計処理するための注意点を知る


Description

事務機器や機械設備のリースって会計上の理由で使っているらしいけど、実際よくわからないと感じていませんか?

これまでは機械設備などの導入の際交わされるリース契約についての会計処理は、経理や会計の専門部署の人だけが知っていればいいものでした。ですが、今後数年内に予定されている会計基準の改訂では事務所や社宅の賃貸借といったありふれた取引で「リース会計」が重大な意味を持つものになります。

今回このコースでは、1時間未満の短時間でリース会計に関わる現状から予定されている改訂の影響を、最終的な財務諸表の形で理解できます。経理や会計の担当でない、専門でない方でも難しい専門用語は極力減らし、最低限押さえておきたい内容だけお伝えしています。

リース会計は米国にならって導入され現在価値の概念が取り入れられているため、会計の専門家にとってもとっつきにくいものですが、どういう取引が最終的にはどういう財務諸表上の現れ方をするかだけ押さえておけば、非専門家としてはまずは大丈夫です。

あなたがもし、経理や会計部門の方であったとしても最近の会計基準の改訂についていけないと思うこともあるでしょう。そのエッセンスと影響が大きいところだけかいつまんで知りたいというニーズにもぴったりです。

それでは、コースでお会いしましょう。


Screenshots

非専門家として押さえておきたい「リース会計」の基礎
非専門家として押さえておきたい「リース会計」の基礎
非専門家として押さえておきたい「リース会計」の基礎
非専門家として押さえておきたい「リース会計」の基礎

Content

はじめに

こんな方のためのコースです

リース会計とは

会計上は賃貸借取引ではなくなる

現行基準の位置付け

米国会計基準、国際会計基準の現状

日本基準の動向

現行基準の位置付け

リースの分類

リースの分類

ファイナンス・リース

会計処理

現行日本基準

米国会計基準、国際会計基準

新基準の影響

財務諸表での表示

現行日本基準

米国会計基準

少額資産リースと短期リース

少額資産リースと短期リース

このコースのまとめ

このコースのまとめ

ボーナスレクチャー

ボーナスレクチャー


3970424

Udemy ID

4/9/2021

Course created date

4/23/2021

Course Indexed date
Bot
Course Submitted by

Twitter
Telegram