Udemy

Platform

日本語

Language

Accounting & Bookkeeping

Category

国際財務報告基準(IFRS):IAS第2号「棚卸資産」及びIAS第36号「資産の減損」

IFRS 基礎講座として IAS 第2号棚卸資産 及び IAS 第36号 資産の減損に 係る会計基準を学びます。

Students

1 hour

Content

Jan 2021

Last Update
Regular Price

Topics

EXCLUSIVE SKILLSHARE OFFER
Exclusive  SkillShare  Offer
Unlimited access to 30 000 Premium SkillShare courses
30-DAY FREE TRIAL

What you will learn

国際財務報告基準:IAS第2号「棚卸資産」を学びます。

国際財務報告基準(IAS36号)「資産の減損」を学びます。

資産の減損手続き:減損の兆候→回収可能価額の測定→減損損失の認識・測定→減損損失の戻入れまでの流れを理解します。

減損損失の認識では、日本基準とIFRSの基準の手続きの違いを学びます。


Description

国際財務報告基準:IFRS〈International Financial Reporting Standards〉で定めるIAS〈International Accounting Standards〉第2号「棚卸資産」及び第36号「資産の減損」を学びます。

レクチャーの構成は以下のとおりです。

セクション1:紹介

セクション2:IAS第2号棚卸資産

棚卸資産の定義、 棚卸資産の原価にはどのような要素が含まれるのかを学びます

セクション3:IAS第36号 資産の減損

減損の定義、減損の一連の手続きを学びます。

減損 の兆候 → 減損テスト→ 減損損失の認識

最後に、減損を計上した資産に対しては、毎期、減損の戻入テストの実施が必要になることを学びます。



Screenshots

国際財務報告基準(IFRS):IAS第2号「棚卸資産」及びIAS第36号「資産の減損」
国際財務報告基準(IFRS):IAS第2号「棚卸資産」及びIAS第36号「資産の減損」
国際財務報告基準(IFRS):IAS第2号「棚卸資産」及びIAS第36号「資産の減損」
国際財務報告基準(IFRS):IAS第2号「棚卸資産」及びIAS第36号「資産の減損」

Content

紹介

紹介

IAS第2号棚卸資産の定義、棚卸資産を構成する計算要素

IAS第2号棚卸資産

原価の3構成要素

IAS第36号「資産の減損」

IAS第36号「資産の減損」

減損テスト

将来キャッシュフローの見積り

のれんの減損テスト

全社資産の減損テスト

減損損失の戻入れ


3761128

Udemy ID

1/8/2021

Course created date

1/27/2021

Course Indexed date
Bot
Course Submitted by

Twitter
Telegram