出版前から増刷も可能!元新聞記者が教える「広告費をかけずにあなたの本を売る方法」

本を出したのに売れなくて困っていませんか?書評も担当していた記者が、あなたの本をマスコミで取り上げてもらい、読者層へ効果的にアプローチする具体的な手法をお伝えします。

5.00 (1 reviews)
Udemy
platform
日本語
language
Branding
category
出版前から増刷も可能!元新聞記者が教える「広告費をかけずにあなたの本を売る方法」
10
students
2 hours
content
Mar 2022
last update
$29.99
regular price

What you will learn

「本を出せば出版社が売ってくれる」ものではないことが理解できます

広告費をかけずに本を売る方法がわかります

多くの人に著書を知ってもらう手法が学べます

出版前から増刷(重版)を目指すことの重要さがわかります

Description

本を出したけど売れない。

出版社が宣伝してくれない。

本を売りたいけれど広告費がかけられない。

定期的に本を出して、著者としての地位を確立したい。



このコースは、そんな悩みをお持ちの方のお役に立てると思います。



現在は1日に300冊出版されるといわれています。

そんな中、数千部しか売れず、いつのまにか書店の棚から

なくなってしまう本が、たくさんあります。



マスコミの取材やSNSを上手に使うことで、

新刊であれば出版前から増刷を


もう出版されている本であれば、じわじわと売り上げを伸ばし、

増刷される。



実際に書籍PRとして試行錯誤を繰り返し、これまで高い確率で

増刷させてきた手法を初めて公開します。



このコースでは、広告以外の方法で書籍をPRしたことがない方でも

概念からマスコミの取材を得る方法や書店へのアプローチまで、

具体的な手法をステップ・バイ・ステップで解説しています。



このコースを見ながら実際に手を動かしていただけば、

初めての方でも本のPRができるようになります。


一度学べば、このやり方で何度もご自身で本を広めていくことが

できるようになり、何冊も本を出して「著者」としての

ブランドを作ることも可能になります。


もし「本を多くの人に広める」ことにご興味ある方は、

受講してみてください。

それでは、コースの中でお会いすることを楽しみにしております。




Content

紹介

ご受講の前に:コース概要、このコースを見て得られるメリット

前提

出版社は本を売ってくれない
PRとは

出版日が決まったら

具体的な準備の前提
予約キャンペーンをする
予約特典を作る
資料

マスコミへのアプローチ方法(出版前)

マスコミへのアプローチ方法・前提
【準備】親和性のあるメディアの調べ方
親和性のあるメディアの調べ方1「Googleニュース」
親和性のあるメディアの調べ方2「新聞各紙」
親和性のあるメディアの調べ方3「ベンチマークをチェック」
親和性のあるメディアの調べ方4「本の紹介・書評ページ」
親和性のあるメディアの調べ方5「書評YouTuber」
親和性のあるメディアの調べ方6「雑誌」
親和性のあるメディアの調べ方7「テレビ」
親和性のあるメディアの調べ方8「ラジオ」
資料:メディアリスト

実践:マスコミへの連絡

手紙を書く
具体的な手紙の書き方
手紙の送り方
資料:お手紙の例

マスコミへのアプローチ法(出版後)

「新書扱い」される3カ月以内が勝負
具体的な売上へのつなげ方1:書店
具体的な売上へのつなげ方2:寄稿
具体的な売上へのつなげ方3:軌道修正

取材されたら

情報を広く伝える。具体的な手法3つ
書店に記事を持参する
プレゼンテーションのダウンロード

ボーナスレクチャー

ボーナスレクチャー

Charts

Price

出版前から増刷も可能!元新聞記者が教える「広告費をかけずにあなたの本を売る方法」 - Price chart

Rating

出版前から増刷も可能!元新聞記者が教える「広告費をかけずにあなたの本を売る方法」 - Ratings chart

Enrollment distribution

出版前から増刷も可能!元新聞記者が教える「広告費をかけずにあなたの本を売る方法」 - Distribution chart

Related Topics

4567888
udemy ID
2/24/2022
course created date
3/17/2022
course indexed date
Bot
course submited by